目標や夢を達成するためにかかる時間をいかに短縮させるかは、あなたが今必要なものをいかにキャッチするかにかかっています。

 

 

また、あなたが今必要なものをキャッチする力というのは、あなたが今、いかに明確な目標や夢を持って生きているかにかかっています。

 

 

夢や目標を紙に書いたり、人に話すということは今のあなたに必要なことを意識づけるということでもあります。

 

 

目標や夢が潜在意識に浸透するほど強く意識して過ごしていれば、あなたの世界を見る目も変わり、情報に対する感度も上がります。

 

 

皆さんはカラーバス効果というものをご存じでしょうか?

COLOR BATH」。

BATHは「浴びる」の意味です。

 

 

例えば、「今日は赤を意識しよう!」と考えて街にでると、普段はあまり意識することのなかった、看板や車、ポストなど街中に存在するあらゆる赤いものが眼に飛び込んでくるようになります。

 

 

これはある一つのことを意識することによって、意識していることに関する情報が無意識のうち、自分の手元にたくさん集まるようになる現象を言います。

 

 

意識していなければ見えない景色も意識の持ち方次第で、浮かび上がってくる景色があるのです。

 

 

僕自身、携帯電話を忘れて仕事に行ってしまったとき、プライベートな用件だったので会社の外にでて、公衆電話を探してみると会社のすぐ目の前にあって驚いたことがあります。

 

 

公衆電話を毎日景色の一つとして見ている筈なのに、意識していなかったがため、まったく認識していなかったのです。

 

 

僕の例に限らず、今のあなたに必要なものは意外と近くにあるものです。

 

 

成功した人達が手に入れた、一見特殊に思えるチャンスや情報も実は誰でも手に入れられるものであったりします。

肝心なのはあなたが、それをキャッチできる状態にいるかどうかです。

 

 

万有引力発見以前の時代、たとえリンゴが落ちるという現象を見ても99.9999%の人にとっては、リンゴが地面に落ちたという事実、それ以上でもそれ以下でもなかったと思います。

 

 

しかし、ニュートンにとっては万有引力発見のきっかけになったのです。

「千載一遇のチャンス」と呼べる程のタイミングの一致は、そうあるものでないかも知れませんが、今のあなたに必要なものは意外とあなたの身の回りを巡っているものです。

 

 

そう考えると、明確な目標や夢を持つことがいかに大切なことか身につまされます。

 

 

現代の無数に溢れる情報も、視点の持ち方次第で極めて有用なものになったり無駄になったりします。

 

 

僕を含めた多くの人は手元にある情報や状況を積み上げることで将来を描きがちなのではないかと思います。

目標や夢を明確に持たないままだと本当に必要なことを見過ごし、他人の意見やその時の気分に振り回されてしまうことになります。

 

 

目標や夢をしかり捉え、その本質に迫ろうとする姿勢があなたを目標や夢に近付けるのです。